いいえ

カート

三府鮨について

三府鮨について

新鮮さ大切に
90有余年

粋なキップのよさと新鮮なネタが嬉しい江戸前にぎり。雅の京都のお祭りには欠かすことの出来ない鯖すし。商の大阪らしい庶民的な味の箱すしと巻すし。東京・京都・大阪の三つの府をとって、「三府すし」と名付けました。誕生した大正時代の始めの頃は東京府と呼ばれていたわけで、以来90有余年、私たちは今の変わらぬ味の暖簾を守り続けています。

三府すし屋号由来記より

目的

私たちは仕事・職場を通して
共に学び成長し、
お客様に喜び満足を与え続け
社会に貢献する

理念

生き生きとした
職場づくり
店づくり

社是

お客様の満足、我らの繁栄、
一人一人が経営者、
感謝と笑顔で楽しい仕事

三府鮨のあゆみ

昭和26年 1951

創業

戦後まもなく先代の兄が大阪市天王寺区にて創業した「三府寿司」から屋号をいただき、大阪市旭区大宮町にて創業する。

当時は委託加工制度※下の時代で、持ち帰り販売のみの営業であった。
また高度成長期は地方からの集団就職の時代であり、金の卵といわれた若い人達を雇用して育てていた。

※委託加工制度:太平洋戦争終戦後の統制時代に敷かれた、配給米とすしを交換する制度。当時はお客様が米を持参し、店で加工して握り、お客様に販売するスタイルだった。
戦後の再スタート/創業

平成4年 1992

出前・仕出し専門店の開業

それまで「茨木大池店」で店売りと並行して行なっていた出前業務を完全分離させるため、出前と仕出しの専門店の「茨木真砂店」を開店させる。

出前・仕出し専門店の開業

令和2年 2020

出前・持ち帰りスタイルの拡充

ECでの販売を整備し、営業の二本柱であった出前の強化に力を入れていく。

昭和43年 1968

茨木への移転と展開

1970年大阪万博により発展が見込まれる茨木市に「茨木大池店」を開店。より親しみを持っていただくため、屋号を「三府すし」とひらがな表記に変更する。

茨木への移転と展開

平成15年 2003

茨木市を中心に店舗展開

「魚の旨いもん処三府鮨 阪急茨木店」を開店。またロードサイド店舗「廻し寿司新鮮や 茨木鮎川店」を新たに開店し、2014年には2号店「茨木畑田店」を開店する。

本店の移転、郊外型店舗の展開

魚の旨いもん処三府鮨 阪急茨木店

本店の移転、郊外型店舗の展開

廻し鮨新鮮や 茨木鮎川店

会社概要

商号

株式会社三府フードサービス

資本金

2,000万円

本社所在地

〒567-0826 大阪府茨木市大池1丁目14-21
TEL:072-636-0166 FAX:072-636-0167

事業内容

すし・和食・仕出し料理・回転すしなどの飲食店

屋号

魚の旨いもん処 三府鮨、お届け料理 三府鮨、廻し鮨 新鮮や

代表者

代表取締役社長 岸中雅之

創業

昭和26年6月